スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君といっしょなら


君といっしょなら



どんな時でも、どんな所でも
君といっしょなら平気だ。

嵐にあっても、嵐が通り過ぎるまで、
君といっしょなら待ってられる。

遠く離れることがあっても、
信じているから、
心はいつも君といっしょだ。



もしよかったら、こちらのページを見てくださいね。
東北のある善良なシェルティーのブリーダー犬舎が崩壊してしまったようです。

シェルティーともし、家族に、友達に、なってもよいという人がいたら、
その人に届いて欲しいです。
シェルティーは初めての人でも、友達になりやすいと思います。
ひどく心に傷を追っている場合は別として…。

人と違って、ワンコは家族や友達と遠く離れることはできないけれど…。


ポチっとしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 漫画ブログ 動物漫画へ
人気ブロ<br /><br /><br />グランキングへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
サイト見て来ました。
悲しくて泣けました。
動物を飼う、訓練する、ショップ、繁殖。いろんな動物との色んな接し方があるんですよね。
全ての人が、その動物に対して愛を持って家族のように思って欲しいと思いました。
今日のイラストも愛が溢れていますね。

マダム猫柳さんへ

シェルティーレスキューのページへお運びくださり、
どうもありがとうございます。

師匠のように感じてくださる方が、
一人でも多いことを祈ります。

愛情がなければ、関わるべきではないと思います。
関わって愛情が生まれることもありますが、
そもそも愛情を持てる人だからで…。

こちらのページ 行ってきました。
涙が出る信じられないことがペットの世界にもありすぎます。
この文を書いた人の怒りが激しく伝わってきました。
全ての犬種ごとに、このような監視の目が行き届いてほしいです。
可愛がるのも人。虐待するのも人・・

心痛むこと。。。

もうだいぶ昔の話となりましたが。。

4匹の神戸震災のときに。ワンコを預かりましたが。。
最初家を立てるまでというお約束だったのですが。。
見通しが立たないまま。。
結局我が家で亡くなるまで面倒をみることになりました。

なかなか。。覚悟がいりますよねええ。。。

もう私の年齢では・・・

クウーママ さんへ

ありがとうございます。

犬種ごとのシェルターが各々活動することで、
犬種を問わない保護団体の負担も軽減するのではないかと思います。

最初はなぜ一つの犬種だけなのかと思いましたが、
いくつかのシェルターと関わることで、
遅まきながら、その意味がわかり始めたところです。

ちわわんさんへ

ちわわんさんのなさっていることには、頭が下がります。

私も犬も歳をとります。
その時、その時の歳でできることをして行きたいです。

鍵コメさんへ

トライアル成功するとほんとにいいですね。

応援する気持ちは大事です。

ペットブームの中、色々な問題があがっていますね。
本当は難しい事じゃないのに。
命の重さを知り、愛情があれば、問題は起きないと思うんですよ。

それなのに可哀想な子達が増え続けているのは、人間のエゴが引き起こした事。
そういう人は必ず天罰が下りますよ。
地獄の最下層直行便でお願いします♪

少し話はそれますが、今日、日本レスキュー協会で里親募集の8歳の黒ラブちゃんがいました。
”人”を助ける仕事を立派に全うしたのに、この子にはまだ余生を過ごす愛情いっぱいの家庭がない。
今の日本ってそんなもんなんですよね。
国自体、動物達に対する認識が薄すぎるのが大問題だと私は思います。

長々と失礼致しました。








ゆき☆★ さんへ

どうもありがとうございます。お気持ち伝わってきます。

> ”人”を助ける仕事を立派に全うしたのに、この子にはまだ余生を過ごす愛情いっぱいの家庭がない。
> 今の日本ってそんなもんなんですよね。
> 国自体、動物達に対する認識が薄すぎるのが大問題だと私は思います。

レスキュー犬を引退したラブちゃんでしょうか…。
仕事を終わって、安住の場所がないのは悲しいことです。

おっしゃる通り動物達に対する認識が薄すぎると私も思います。

これは人間にも言えることで、
生産年齢を超えたら大切にされないような国は、世界に恥ずかしいです。


原子力ムラだけではなく。。。

こんばんは。
カネと欲にまみれて道を踏み外すケースは,原子力ムラだけでなくブリーダーの世界にもたくさんあるのですね。アメリカでも時々話題になってますが、口の利けない動物達にひどい仕打ちをしてはいけません。祖母は常に動物達に先に食事をさせるようにと云い,そうしていました。
人間の敵は今の所人間ですが、放射性物質は敵も味方も区別無く平等に襲いますから,人類を絶滅に追いやる前に、いい加減に眼を覚まして欲しいです。

yokoblueplanetさんへ

どうもありがとうございます。

yokoblueplanetさんのおばあ様のような人が、
日本からだんだん数が減って来ているかもしれません。

昔の人は生きてく上で必要最小限の殺生しかしなかったでしょうし、
どこかにごめんなさいという気持ちがあったように思います。

命を大切にする基本が、原子力問題にも、動物対しても
最優先されるべきだとおもいます。

無責任な人が多すぎ!

こんばんわ
レスキューのページに行ってきました
ワンコの一生を引き受ける覚悟のない方は
犬と係わって貰いたくないですよね

こういう問題にかかわると、、というか
色々な事で、自分の力のなさって痛感するよねぇ。
昔、全ての猫を助けたい、、と悩んでいた友人がいたけど、、
それって無理なんだよね。
子供の時は大人になったらなんとかなる、、と思ってたけど
大人になってもなんとかならない、、、。
犬や猫に極端な小ささやレアカラーを求めすぎるのもどうかと思う。
ぬいぐるみじゃないんだから、ティーカッププードルとか見ると
可愛いよりも痛々しい。。。

くろすけさんへ

全ての命は救えませんが、
殺される命を生み出さない努力ならできると思います。

犬なら、逃走させない。
それでも逃走した場合に備えて、鑑札をつける、
オーナー側に抵抗がなければマイクロチップをつける…。

猫は屋外、屋内を自由に行動するなら、
やはり避妊手術も必要なのかもしれない。
子猫を生んで、全員面倒みる覚悟があれば別ですが。

レア物狙いは、生き物には論外だと思う。



あきらめないで
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
でかしぇるへようこそ
プロフィール

koaporo

koaporo こあぽろ
犬と暮らして30余年。
猫、カラス、青虫とゲストもいろいろ。

ぼく、コロスケ
「ねっ、大きいでしょ。」



月別アーカイブ
ぽ す と

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。